2021年 1月 の投稿一覧

株式投資の始め方

国内では20年以上にも渡り低金利が続いている中、サラリーマンの副業としても人気があるのが株式投資です。
株を始めてみたいが、どんな銘柄を買えば良いのが分からなくて行動に移せない人も多いでしょう。
そこで、株を始めるのにオススメな手順を紹介します。
株式投資も学校の勉強と同じように積み重ねとステップを組むことが大切ですね。
株初心者にもピッタリなのは、日経マネーなどの経済雑誌や日経新聞の購読です。
株を購入するために欠かさせない要素は、日頃からの情報収集です。
株初心者がイキナリ予備知識なしで挑んでも成功するはずがありません。
株式投資のイロハについて勉強することは重要です。
書店に行くと投資関係の書籍が並んでいますが、あまりにも難しい本はオススメできません。
投資には専門的な用語も多く、挫折してしまう原因にもなってしまうので、親しみやすい雑誌から手を付けるのがベターです。
マネー雑誌は、初心者でも理解しやすいように噛み砕けた内容で解説されているのでイメージが湧きやすくなります。
そして、株初心者にもう一つオススメな教材は日経新聞です。
株価は、企業の業績だけでなく国内の政治動向や世界情勢の影響も受けて変動するので、チェックは欠かせません。
新聞のメリットは、ネットでは中々得にくい核心的なことまで把握できる点です。
それだけでなく、業界の情報を吸収できるので仕事にも欠かせませんね。
実際に日経新聞を読まない人は仕事で苦労すると言われているほどです。
また、紙媒体のメリットは得られる情報に偏りが発生しにくい点ですね。
私も副業で株式投資をしていますが、マネー雑誌と日経新聞で勉強し実際に始めるまで半年ほど要しました。
新聞を読む習慣を付けると、副業以外だけでなく本業に役立つ場面が多いですよ。
その次に参考になる情報は、証券会社などが主催しているセミナーです。
実際に市場に接しているプロから無料で生の話を聞けるので貴重な機会です。
株を始める時には、証券会社に口座を開設しますが、証券会社選びも重要になってきます。
会社によって、取り扱っている商品や手数料が異なるので自分に合いそうな所を選びましょう。
マネー雑誌やサイトなどでも証券会社の選び方について掲載されているので比較の参考になります。
また、証券会社によってはデモ取引ができるので、試してみるのも良いかもしれません。
実際に購入する時は、最初から何十万とつぎ込むのではなく、少額から始めるのが鉄則です。
意外に10万円未満で購入できる銘柄も多くあるので、初心者はそれから始めればリスクも少なくて済みます。
銘柄の選び方は身近で自分の知っている企業を選択するのがベストです。
そして、購入する時は一度に買うのではなく時期を分散させることがコツですね。
また、証券会社によっては少額購入にも対応しているので、株初心者にも優しい所を選ぶと良いですよ。

ネット副業で節税をするメリット

ネット副業をするときは収入の額に応じて所得税などを支払わないといけませんが、確定申告をすると経費として計上すると課税対象所得から控除してもらえます。経費は情報商材やパソコン、サーバーなどがあれば申告すると節税になり、アクセスしやすくして知識を付けると効果的です。節税は生活費を多く確保するために役に立ち、ネット副業を新しく覚えるために投資した金額を減らせます。ネット副業はインターネットの通信速度が重要なポイントになり、少しでも遅いと競争に負けてチャンスを逃してしまうものです。節税は課税対象の所得を知ると確定申告をしてできるため、始める前に税務署で相談して手続きをすると金銭的に余裕を持てるようになります。ネット副業は本業と並行すると年間で20万円、フリーランスであれば38万円を超えれば確定申告が必要です。

節税は生活費に余裕を持てるようにするために考え、事前に仕組みを確かめて対策を講じると便利です。ネット副業はパソコンの通信速度が早いとより多くの仕事を受けやすく、スマートフォンを使うよりも安心できます。パソコンの通信速度はサーバーを強化すると容量を増やせ、通信エラーを防げて安心できます。サーバーは容量が大きくなれば価格が高くなりますが、それ相応の効果があり短期間ならレンタルをすると便利です。レンタルサーバーはこのような短期間の使用にも対応でき、使い心地を確かめて選ぶと有意義に使えます。ネット副業は少しでも税金を減らせるようにしたいもので、白色申告よりも青色申告をすると手間がかかりますが控除される金額が多いです。

ネット副業で節税をすると余分な出費を減らせるようになり、利益を最大化できることがメリットです。確定申告の仕方は経費があれば報告すると課税対象所得から控除してもらえますが、そのためには証明できるよう領収書を準備する必要があります。節税は確定申告をするとできますが、所得に応じて青色申告をすると課税対象を減らせて便利です。経費は情報商材やサーバーなどが該当しますが、初めて手続きをする際には税務署で再確認すると教えてもらえます。ネットで稼ぐためには不要な金額をなるべく減らすように考え、なおかつより多くの仕事を受けやすい環境を作れるようにしたいものです。副業は本業とは別の収入を確保できて便利ですが、課税対象所得を減らして少しでも利益を出せるようにするとモチベーションが上がります。